フィリピンを知る

フィリピンでオススメの美味しい料理

知られざるフィリピンの美味しい料理

タイやベトナム料理は日本でも食べられるお店があり、思い浮かべることも出来ると思います。

でも、フィリピンの料理、と言われるとなかなか思い浮かべることは出来ないのではないでしょうか?

フィリピン料理、と言われてもピンとこないかも知れませんが、実は美味しい料理がたくさんあります。

フィリピンに訪れたら、ぜひ本場のフィリピンの食べ物を味わってみてください。

 

 

シニガンスープ(Sinigang)

シニガンスープ

 

 

フィリピンの名物スープといえば「シニガンスープ」です。

フィリピンの家庭の味とも言われ、フィリピン人と一緒にいる生活していると、シニガンスープを食べる率が非常に高いです。

日本でいうと味噌汁のような位置づけだと思います。ただし、シニガンスープは飲むというよりも食べるスープで、味は酸味があり、酸っぱいのが特徴です。

この酸っぱさはタマリンドというマメ科のくだもの由来のもので、タマリンドを使うと酸味がきいた料理になります。

ちなみに、このタマリンドはお土産屋さんや、スーパーで売っています。塩と砂糖をまぶして飴のようにしてあるものもあります。

初めて食べたときは本当にこれ食べて大丈夫?と思いながら食べましたが、慣れると梅干しみたいで美味しいです。

 

タマリンド

タマリンドキャンディー

 

シニガンスープは、このタマリンドと、トマトや玉ねぎなど野菜がたくさん入り、豚肉や鶏肉、エビや白身魚などの具材が入った栄養たっぷりのスープです。

フィリピン人は日本人と同様に米を食べる文化です。シニガンスープをかけて食べるとご飯が進みます。

シニガンスープはレストランでも味わえます。各レストラン、各家庭によって具材や味が違うので、まさに日本の味噌汁や豚汁と同じ存在。

いろいろなお店で食べたり、友人に作ってもらったり、味の違いを楽しんでいます。

 

 

シシグ(Sisig)

 

シシグ

 

フィリピン在住者がオススメフィリピン料理を選んだとしたら、人気ランキングベスト3には必ず入るであろうフィリピンの名物料理が「シシグ」です。

シシグは日本人の味覚にもとてもよく合うフィリピン料理で、日本人でも好きな方が多いです。

シシグは細かく刻んだ豚肉と玉ねぎ、にんにく、唐辛子を炒め、仕上げに生卵の黄身を落とした料理で、ご飯ととても相性が良いです。

ビールにもぴったりで、最高のつまみになります。

豚肉はほほ肉が使われることが一般的ですが、豚の耳などが使われることもあり、店によっても若干レシピが違います。

すこし脂っこさがある料理なので、カラマンシーという柑橘系くだものをかけて食べることもあります。日本で唐揚げにレモンをかけるような感じです。

脂っこさが気になる場合は、かけて食べるのがおすすめです。ちなみに、日本でも沖縄などでは四季柑と呼ばれ食べられています。

カラマンシー

 

日本から友人が遊びに来る時は必ずと言っていいほどシシグを食べに行きます。

そのくらい日本人の味覚に合う料理なので、フィリピンに来たら、ぜひ味わっていただきたい料理です。

 

 

トルタンタロン(Tortang talong)

トルタンタロン

 

トルタンタロンは簡単に言うとナスのオムレツです。

フィリピン人の大好物で、子供から大人まで親しまれている料理です。

焼いたナスの皮をむき、実をほぐし、塩コショウで下味をつけたら、溶いた卵液に少しの間つけ込み、卵液とナスをフライパンで焼いた料理です。

とてもシンプルな料理で、簡単で美味しいので、フィリピン人にとても愛されている家庭料理です。

焼いたナスを使うことにより甘みが増して香ばしくなるのがポイント。

焼いた後に皮をむくという手間がかかりますが、その手間を惜しまず作ることによって絶品のトルタンタロンが出来上がります。

フィリピンの家庭では玉ねぎのみじん切りもよく入れて作っています。

ひき肉を入れるパターンもあったりするので、色々と試してみるのも面白いかと思います。

フィリピンでぜひ味わっていただきたい料理です。

 

レチョン(Lechon)

 

レチョン

 

フィリピンで、お祝い事やパーティ、クリスマスなどに食べる名物料理、レチョン。

画像からもわかる通り、これはズバリ、豚の丸焼きのことです。フィリピン人の結婚式に参列すると必ず出てくる料理で、フィリピンではご馳走。とても愛されている料理の一つです。

内臓を取り出して味付けをした豚を丸ごと一頭、炭火でじっくりと焼き上げる料理で、皮はパリパリ、中身はとてもジューシー。

豚は肉が柔らかいとされる子豚の丸焼きが特においしいです。その見た目に、一瞬たじろいでしまうかもしれませんが、食べる時には食べやすいサイズにカットして食べるので大丈夫。

 

カットしたレチョン

 

お祝い事以外でも、フィリピン料理のレストランなら大体どこでも食べられます。

意外にも脂っこい感じはあまりなく、食べやすい料理です。

スパイシーなレチョンを味わえるレストランもあり、辛い物好きな方にもおすすめです。

 

 

アドボ (Adobo)

アドボ

 

日本の煮物料理のようなものがフィリピンにもあります。フィリピンでは、煮物を「アドボ」と呼び、これは、「漬け込む」という意味があります。

アドボはフィリピンの家庭ではよく作られており、「お母さんの味」というイメージの料理です。

そのため、家庭により若干味の違いがありますが、基本は鶏肉や豚肉をお酢と醤油、ニンニクなどで煮込んで作ります。

味は濃いめですが一度食べると癖になります。また、フィリピンのご飯はパサパサしているのでアドボをかけると食べやすく、ご飯がすすむ料理です。

日本人にとっては親しみがある味付けで、レストランでも食べられるのでフィリピンで何を食べようか迷った時は、アドボをオーダーしてみるのもおススメです。

 

ハロハロ(Halohalo)

ハロハロ

 

ハロハロという言葉、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

コンビニエンスストアのミニストップでおなじみの、あのハロハロです。実はフィリピンの代表的なデザートです。

かき氷やアイスクリーム、フルーツやゼリーなどボリューム満点で盛りだくさんなハロハロは、実はフィリピンのデザートです。

「混ぜこぜにする」という意味を持つハロハロはフィリピンの国民的スイーツと言っても過言ではありません。

暑いフィリピンではハロハロは人気のデザートで、私も無性に食べたくなる時があります。

ハロハロはお店によって見た目やトッピングが違いますが、アイスクリームやかき氷、ゼリーの他にはナタデココやタピオカ、甘く煮たひよこ豆、紫芋などが、これでもか!

というくらいトッピングされ、それを混ぜこぜして食べます。

屋台にもありますが、ショッピングモールや高級ホテルでも味わうことができるので、フィリピンを訪れる時にはぜひ好みのハロハロを見つけて下さい。

 

ルンピア(Lumpia)

ルンピア

 

ルンピアはフィリピン風のはる巻き。日本のはる巻きより小さく、一口サイズで食べやすいので気軽につまみめる料理です。

スイートチリソースやケチャップをつけて食べますが、ひき肉やエビ、野菜などを包んであげたルンピアが人気で、小さいこともありついつい何個も食べてしまいます。

私も好きな料理の1つで、よく作っていますが、フィリピンの屋台やレストランでも味わえます。

冷めても美味しいのですが、揚げたては特に絶品なので、揚げたてを味わうのがおススメです。

 

-フィリピンを知る

Copyright© ミンダナオホーム , 2021 All Rights Reserved.