家を建てる知識

フィリピンで家を建てる大まかな流れ

実際にフィリピンのミンダナオで家を建てる場合、どのように進めればいいか、大まかな流れをこちらでご案内します。

土地をお持ちの場合

  1. 建築地の住所をお知らせください
  2. 現地スタッフが建築場所を確認します
  3. 建築場所に必要な基礎工法などを検討します
  4. 日本にて建築プランの打ち合わせと検討
  5. 建築プランの打ち合わせをしながら現地調査や申請を進めます
  6. プラン決定後、費用をお支払いいただきます
  7. ローン等はフィリピン銀行の窓口もご案内できます(日本国内の銀行でも問題ございません)
  8. 費用支払い確認後、着工します
  9. 建築中も常に状況を共有いたします
  10. 完成検査等を実施し、お引渡し致します。

1.建築地の住所をお知らせください

フィリピンでは住所が登記されていないケースがあります。

正確な住所がわかればその住所をお知らせください。難しければ大体の場所や、GoogleMAP等でお知らせください。

 

2.現地スタッフが建築場所を確認

弊社スタッフが建築場所を確認いたします。

できれば、立ち会い頂いたほうが間違いなく確認できますので、スケジュールを合わせられれば現地の知り合いの方に、立ち会いをお願いいたします。

不可能であれば、写真やオンラインなどで、双方の

建築場所の確認では、土地状態はもちろんのこと、隣地の状況、資材の搬入経路などを確認いたします。

 

3.建築場所を調査、建築方法を検討

建築場所の確認後、詳細に土地の状況、建築工事の上で問題になりそうな箇所、環境等を調査いたします。

同時に、建築許可や登記状況など、実際に建築可能な状態かどうかを調査し、建築の準備を進めます。

 

4.日本にて建築プランの打ち合わせと検討

現地調査をすすめつつ、日本にて実際のプランの打ち合わせをいたします。

ご希望の間取りや、プランなどをうかがいながら、土地の状況にあわせて調整いたします。

 

5.プラン検討をしながら申請や工法等も調査

プランを検討しながら、フィリピンでの申請や地盤に合わせた工法を調査します。

最終的にはプランに合わせた工法を提案いたします。

 

6.プラン決定後、費用をお支払い

プランが決まり、いよいよ着工できる、という段階で着工金をいただきます。

銀行はフィリピン銀行での相談をおすすめしておりますので、ご紹介いたします。

日本の銀行でも全く問題ございませんし、ご予算があるということでしたらローンを組まずにお支払いでも構いません。

 

8.費用支払い確認後、着工

費用をお支払い頂いたあと、着工となります。

トラブルや大きな問題が起こらない限り、提示した金額で最後まで施工し、引き渡しいたします。

フィリピンではよくあることですが、現場の人間が使い込んでしまったり、親族に預けたら使われてしまったという問題は起こりません。

私達が責任を持って予算内で施工し、お引渡しまで監督いたします。

 

9.建築中の状況確認、共有

建築中の様子は、現地からの写真などでご確認ください。

現地で見てみたい、という場合は現地でのご案内も可能です。

 

10.完成検査、引き渡し

完成しましたら、検査や施工のチェックを行い、お引渡しいたします。

その際、気になる点などは責任を持って、現場責任者に指摘いたします。

また、不具合などが発生した場合は必ずご報告いたします。

 

家を建てる場合、問題や不具合が発生することはよくあることです。

それをそのままにしておくか、きっちり直して家を最後まで仕上げるか、は現場の職人と監督の力量が大きく関わってきます。

私達は、日本の検査、監督クオリティを現地にて実現しておりますので、ご安心ください。

 

 

土地がまだ無い場合

  1. 建築地の希望や、希望の家の大きさをお知らせください
  2. 現地スタッフが土地探しを致します
  3. 候補地から、気に入った土地があれば契約を進めます
  4. 弁護士と書類作成、契約を実施します(フィリピンでは土地契約に、必ず弁護士が間に入ります)
  5. 建築場所に必要な基礎工法などを検討します
  6. 日本にて建築プランの打ち合わせと検討をします
  7. 建築プランの打ち合わせをしながら現地調査や申請を進めます
  8. プラン決定後、費用をお支払いいただきます
  9. ローン等はフィリピン銀行の窓口もご案内できます(日本国内の銀行でも問題ございません)
  10. 費用支払い確認後、着工します
  11. 建築中も常に状況を共有いたします
  12. 完成検査等を実施し、お引渡し致します。

 

1.建築地の希望や、希望の家の大きさ

建築場所の希望をお伺いできれば、土地探しからお手伝いいたします。

フィリピンでの土地探しは、人づてが最も早く、新鮮な情報が手に入ります。

そのため、各地に現地の知り合いや友人がいないとなかなか探すことができません。

不動産屋や、不動産のサイトもあるにはありますが、マニラなどの限られた都市部のみ、機能しているという感じです。

そのため、土地から探す、となると日本から探すのはほとんど不可能だと思ったほうが良いでしょう。

私達は、現地のネットワークを通じてお探しすることができますので、希望の場所、土地の大きさなどをご相談ください。

土地の価格は、ねごしょうセンターという相場情報を管轄している国営機関である程度調べることができますので、法外な値段で購入してしまうこともありません。

 

2.現地スタッフが土地を探します

希望の場所や広さをお伺いしたら、現地スタッフが土地探しをいたします。

早ければ一週間程度、遅くとも1ヶ月以内には候補を探すことができます。

 

3.候補地から購入する土地を決定

実際に見に行っても問題ありませんし、現地からの画像や、動画などをお見せします。

また、周辺の調査なども合わせて行いますので、周辺環境に問題があったり、土地そのものに問題がないようにいたします。

気に入った土地があれば、契約を進めることになります。

 

4.弁護士と書類作成、契約実行

フィリピンでの土地購入、家の購入では必ず弁護士が間に入ります。

日本の宅地建物取引士のように、不動産に特化した資格はありませんし、そのような職業もありません。

そのため、弁護士がその代わりとなります。契約ごとでは弁護士が間に入ることが一般的ですので身構えなくても大丈夫です。

土地の契約が無事に完了したら、あとは、着工から引き渡しまで一連の流れを追うことになります。

続きはこちら→土地を持っている場合の流れ

 

 

ご相談はお気軽にどうぞ

フィリピンで家を建てたいけど、まったくよくわからない。

マニラではなく、ミンダナオやダバオで家を建てたいけど、どうすればいいの?

というご相談はお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

-家を建てる知識

Copyright© ミンダナオホーム , 2021 All Rights Reserved.