相談事例

相談2:フィリピンの土地名義を自分(日本人夫)にしたい

名義を自分(日本人夫)にしたいけど、どうすればよいでしょう?

フィリピンの土地は外国人の所有には出来ませんので、現時点では出来ません、という回答になります。これも非常によくある相談内容なのですが、こればかりはフィリピンの法律が変わらない限りどうにもなりません。

フィリピン人である妻、もしくはその家族を信用しているとは言え、やはり自分の名義にしたいのが心情だとは思います。実際に名義にまつわるトラブルもたくさんあるので、あらかじめ理解しておいたほうが良いでしょう。

 

離婚したらどうなる?

土地の名義の話になると必ずセットで聞かれる質問です。

離婚をしたらほとんどのケースで、フィリピン人である奥様、もしくはそのご家族に土地と家は渡すことになると思います。

 

この場合2つのパターンがあります。

 

妻が帰化している場合

 

奥様が帰化されて、国籍も日本人となっている場合は、そもそも奥様名義でもフィリピンに土地が持てません。この場合、そもそも奥様名義でもありませんので、離婚をした場合は土地と家は奥様のご家族に渡すことになるでしょう。あらかじめ、離婚したらどうするか、は決めておいても良いですが、ご自身がフィリピンに居住していない限り、その契約書が有効な手立てかどうかは疑問です。

 

妻がフィリピン国籍で日本在留の場合

この場合は、奥様の名義であることがほとんどだと思います。ただし、離婚したらやはり奥様に渡すことになるでしょう。パターンが違うとはいえ、結果として上述のように、あらかじめ決めておくか、諦めるしかないのが現状です。

 

離婚する前に土地を売ってしまいたい

これも良くいただく相談なのですが、そもそも名義が奥様なので、あらかじめ決めておかないといけません。奥様が売らないと言えば、売ることが出来ません。仮になにかしらの決めごとをしておいたとしても、それに基づいてものごとが進むかというのは、ご夫婦間の問題となります。

 

弁護士に頼めば解決できるか

仮に弁護士を使って、問題の解決をはかるとしても、やはり名義が自分自身ではない、というのがネックになります。

ちなみにフィリピンの場合、土地を購入する場合や契約時には弁護士を挟むのが一般的です。そのため、土地をどうするか、という問題については購入時、あるいは結婚時などに定めておくと良いかもしれません。

ただし、日本に在住しながら、フィリピンでの問題を解決するのは、弁護士を挟んだとしても相当な労力を必要としますし、時間もかかってしまいます。

-相談事例

Copyright© ミンダナオホーム , 2021 All Rights Reserved.