ミンダナオホームはフィリピンに家を建てたい、という方の要望にお応えする、日本の建築会社です。

安心して任せられる会社が無いから作りました

なぜ日本の建築会社が、フィリピンに家を建てるのか?

結論から言えば、現地のクオリティではまだまだ不安な点が多いから、です。

建築技術にしても、環境にしても、資金面や予算にしても、まだまだ現地の企業に任せるのは不安です。

だから私達は、日本人現場監督をフィリピンの現地に置き、現地の職人とともに家を建てています。

 

家を建てるのは手作業のブロック積みが中心

近年、経済成長著しいフィリピンですが、国民一人あたりの所得は日本の半分以下です。

フィリピンでは自宅を持つのがひとつの夢とされていますが、日本で家を建てるよりもはるかにハードルが高いのが現状です。

資金面においてはもちろんですが、建築のクオリティにおいても、安心して任せられる職人はなかなかいません。

実際、フィリピンではどのように家が建てられるかというと、郊外においては手作業でのブロック積み工法が一般的です。

というのも、フィリピンでは建築インフラが未整備の地域が多く、ホームセンターも無い地域がほとんどです。

そのため、日本では当たり前に使われている建築用の工具や、資材もありません

家を建てるのも、まさに手作り、手作業というのが現状です。

建築風景

一般的な建築風景

 

上記の画像をみて分かる通り、建築機械のようなものが、ほとんどありません。

これは特別な現場でもなんでもなく、一般的な家の建築風景です。

 

建築風景写真

外壁の施工写真

ここに掲載している画像は、実際に私達がミンダナオ島で建築している現場の写真です。

 

日本クオリティをフィリピンで実現する

フィリピンの一般的な家は、コンクリートブロックを積み上げ、そのブロックにモルタルを塗り、壁に仕上げていきます。

屋根の作りなども、日本の建築工法に比べると不安は残りますが、日本のように寒さ対策をする必要はありませんので、これで十分というところです。

 

ただ、これを現地に丸投げしてしまうと、クオリティ管理や細かいところまで目が行き届きません

全ての家がクオリティが低い、というわけではありませんが、平均的には日本の建築技術のほうがまだ上です。

 

さらに、家を建てるということになると、日本でも一大事業ではありますが、フィリピンにおいてはその重要度はさらに増します。

そのため、金銭的なトラブルも多く発生し、お金だけ払ったけど家が一向に建たない、というトラブルもよくあります。

 

私達はこれらの問題点や不安点を払拭するために、ミンダナオの現地に日本人現場監督を置き、日本クオリティでの建築、資金管理を提供しているのです。

 

 

フィリピンで家を建てたい、と思ったら、下記のページもぜひ御覧ください。

aechitect house

家を建てる知識

フィリピンで家を建てる大まかな流れ

実際にフィリピンのミンダナオで家を建てる場合、どのように進めればいいか、大まかな流れをこちらでご案内します。 土地をお持ちの場合 建築地の住所をお知らせください 現地スタッフが建築場所を確認します 建 ...

家を建てる知識

フィリピンの一般的な住宅構造

ブロック積みの家 フィリピンの一般的な住宅は、ブロック積みであることが多いです。日本の住宅とは全く違う構造になっているので、最初見た時は驚きましたが、これが一般的なのでいまは慣れました。 専門的にいえ ...

Philippines Flag Philippine  - Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

家を建てる知識

フィリピンの基本情報と思想

家を建てる国=フィリピンを知っておきましょう フィリピンに家を建てるのですから、フィリピンのことを知らないと思わぬ勘違いでトラブルになったりする可能性があります。 フィリピンの基本的な情報については、 ...

家を建てる知識

フィリピンで家を建てる時のハードル

フィリピンで家を建てる時はわからないことだらけ 日本で家を建てるときでさえ、様々なハードルがありますので、フィリピンで家を建てるとなればなおさらです。 さらに、マニラなどの都市部ならまだしも、ミンダナ ...

 

お問合せは下記のフォームからお気軽にお問合せください。

ローンや土地探しなど、全てご相談いただけます。

    Copyright© ミンダナオホーム , 2021 All Rights Reserved.